鬼頭鍋三郎略歴

→鬼頭鍋三郎先生の作品に戻る
1899年 愛知県生まれ
1916年 名古屋市商業学校卒業後、明治銀行に入行する
1921年 明治銀行退職
1923年 上京する、第10回光風会展に初入選、岡田三郎助に師事
1924年 第5回帝展に初入選、辻永に入門
1934年 第15回帝展で特選
1944年 陸軍美術展で陸軍大臣賞受賞、戦後は日展、光風会展を中心に出品
1951年 ”バレリーナ”シリーズを開始
1956年 日本芸術院賞受賞
1965年 ”舞妓”シリーズを展開、自らの芸術の集大成に向かった
1968-73年 愛知県立芸術大学の教授を努める(退官後は客員教授となる)
1970-80年 光風会理事長を務める
1975年 展顧問を務める
1982年 逝去

→鬼頭鍋三郎先生の作品に戻る

▲このページのトップに戻る