杉本健吉先生の作品のご紹介 ― Kenkichi Sugimoto ―

こちらのページでは、杉本健吉先生の作品をご紹介いたします。

→杉本健吉先生の略歴についてはこちら

額縁付き写真について

額縁付きの写真につきましては、額縁が変更になる場合もございますので了承ください。

杉本健吉 白牡丹

 

sugimoto1.jpg

          クリックすると拡大します

タイトル : 白牡丹
号数・種類 : リトグラフ
サイズ : 430×250

作品についてのお問い合わせはこちら

杉本健吉略歴

→杉本健吉先生の作品に戻る
1905年 愛知県名古屋市に生まれ
1925年 京都にて岸田劉生の門下生となる
1926年 春陽展初入選
1927年 大調和展・主に鉄道関係の観光ポスターを作る
1931年 国画会展初入選 
1937年 国画奨学賞受賞「宇奈月雪渓」
1938-71年 国画会同人 
1940年 このころから大和の風物に魅せられ、奈良通いを始める
1942年 新文展・特選
1943年 佐分賞受賞 
1946年 国展に奈良素描多数出品・日展特選「博物館彫刻室」・国展
1948年 中日文化賞(奈良風景を題材とした「タブローとしての素描」)
1949年 東大寺観音院上司海雲師の知遇を受け、観音院の古土蔵を
アトリエにしてもらい、そこで奈良制作を始める
1950-57年 週刊朝日の吉川英治作「新・平家物語」挿絵担当
1962年 初めてヨーロッパへ海外スケッチに出る
以後毎年海外スケッチ旅行に出る
1981年 葉山御用邸に「籠牡丹」献納 
1982年 「中国スケッチ展」を名古屋・名鉄百貨店ほかで巡回
1983年 大阪四天王寺「聖徳太子絵伝」完成
1987年 杉本健吉披露展・杉本美術館知多美浜緑苑内に開館
1988年 世界一周旅行・旅行記「地球一周絵のある旅」発行
1989年 世界デザイン博に陶壁「迦陵頻伽」を制作
右手を骨折したことを機に左手でも創作をはじめあらたな画境を拓く
1991年 旧友であった写真家入江泰吉の作品を収蔵展示する
奈良市写真美術館のため陶壁を制作
1992年 胎蔵界・金剛界の両界曼陀羅を製作
1993年 日本画家・杉本健吉画展
1994年 100年記念事業として杉本美術館新館開館
画業70年の歩み 杉本健吉展
2002年 杉本美術館開館15周年記念回顧展 
2004年 逝去

→杉本健吉先生の作品に戻る

 

▲このページのトップに戻る